横浜のお客さまからの「心温まるお手紙」(食満とうふ おおもと)

食満とうふ おおもとです。今日はお客さまから届いた手紙を紹介します。

先日、「娘が忍たまファンで、おかげで尼崎に来ることができました」
と、ご来店くださったのは、横浜から来た母娘の親子。
中学一年生の娘さんと仲良く、尼崎を観光中のようでした。
また、当店のお豆腐や豆乳ドーナツなどたくさんお買い上げいただきました。

その日は、猪名寺の旅館で一泊されるとのこと。
食満とうふの支店がグンゼタウンセンター「つかしん」にあると話すと、
翌日に支店(つかしん)の前で偶然バッタリ!!

本店勤務の嫁・好子さんが、支店の応援に駆けつけたところ
わざわざ訪れてくれた親子と絶妙のタイミングで再会したのです。

好子さんは「よってくれたんや!ありがとう!!」と大喜びだったようです(^^)

後日、お会いした印象そのままのお手紙をいただき、
その美しい文面に心が洗われました。

 

忍たまファンの娘をもつお母さんからのお手紙

 

娘が忍たま好きで、尼崎に行く事ができて
本当に良かったです。

という一文に目頭が熱くなりました。

僕は今年で77歳を迎えます。
尼崎の食満(けま)に縁があってよかった。
豆腐屋をやってきてよかったと思いました。
またの再会を楽しみに、まだまだがんばります。

 

食満とうふ おおもと 店主・大本博

食満とうふ おおもとのハッピーバレンタイン♡

「お客さまとのふれあいが生きがいです」食満とうふ おおもとのハッピーバレンタイン♡

食満とうふ おおもとです。昨日、忍たま乱太郎の作者・尼子先生から
まっ赤な包みのチョコレートとお手紙のサプライズがありました。

よろこんでいたところ、忍たまファンのCさんがご来店。
ここ一年近く、毎月といっていいほど元気な顔を見せてくれる
学生のCさんは、新大阪から一時間かけて自転車で来ています。
なんと、そのCさんからもチョコレートをいただきました。

幾つになっても、こんなサプライズはうれしいものですね。
Cさんとよろこびを分かち合いました。
こんなふれあいが何よりも楽しく、生きがいです。
おかげで心温まる一日になりました。

尼子先生、Cさん

ありがとうございます❤

▽以下、Cさんのツイッターです▽

「忍たまコーナー」のニューフェイス④ 忍ミュ第9弾『忍術学園陥落!夢のまた夢!?』

食満とうふ おおもとです。いつもありがとうございます。

先日、広島・福山からきた忍たまファンの女の子二人組から
忍たまミュージカル第9弾のステッカーをいただきました。
1月21日まで東京ドームシティにて忍ミュ開催中のようです♪

忍ミュ第9弾『忍術学園陥落!夢のまた夢!?』ステッカー

ミュージカル「忍たま乱太郎」製作委員会の公式サイトに

食満留三郎久々知兵助  役者さん
コメントもありましたので、ここに紹介します。お二人ともキリッと男前ですね。

忍ミュ第9弾出演者コメント  食満留三郎 役(秋沢健太朗さん)

忍ミュ第9弾出演者コメント 久々知兵助 役(山木透さん)

ミュージカル「忍たま乱太郎」製作委員会の公式サイトより引用

―忍ミュとは?

尼子騒兵衛著作の漫画「落第忍者乱太郎」(朝日新聞出版刊)、及びそれを原作としたアニメ「忍たま乱太郎」(NHK Eテレ) をミュージカル化した作品で、略称は“忍ミュ”。

アニメ放送開始から25年目を迎え、多くの女性にも人気が広がっていった同作。その現象を受けて、六年生ら上級生を中心にギャグや殺陣、アクションなど、原作の世界観を活かしたオリジナルストーリーで展開される“2.5次元ミュージカル”として誕生しました。2010年1月の初演以来、公演を重ねる中で着実に前進を続け、大人気ミュージカルシリーズへと成長。また2015年からは、これまでのミュージカル楽曲から選りすぐりの曲をまとめたコンサート形式のステージ「忍術学園 学園祭」を開催。大成功を収めています。

尼子騒兵衛先生からのうれしい“戌年お年賀”

 

食満とうふおおもとです。新春早々、うれし~いニュースです。

忍たま乱太郎の作者・尼子騒兵衛先生から
戌年のオリジナルポスター
2018年の忍たま乱太郎カレンダーが届きました!

感謝・感激!!
尼子先生の作品を目に、今年一年豆腐づくりにはげみます。
またのご来店を楽しみにしております。

尼子騒兵衛先生作 2018年 お年賀

 

忍たま乱太郎 2018カレンダー 壁掛け

 

「忍たま乱太郎」の作者・尼子騒兵衛先生ご来店(2016年12月末)

 

食満とうふ おおもと

食満とうふ おおもと 新年営業のご案内(2018年)

あけまして おめでとうございます

旧年中のご愛顧、厚くお礼申し上げます。
本年も食満とうふ おおもと一同
安心・安全のおいしい豆腐を届けるために、技術向上にはげみます。
どうぞよろしくお願いいたします。

<2018年 新年の営業日について>

食満とうふ おおもと グンゼタウンセンター つかしん店
 1月1日(月・祝) 9時30分より営業

食満とうふ おおもと (本店)
● 1月6日(土)10時より営業

  △ファンの方からいただいた「忍たまコーナー」のニューフェイスです△

五年い組の久々知兵助。『豆腐小僧』と呼ばれるほど、豆腐大好きなキャラです♡

ありがとう『忍ミュ』。今年も“忍術学園 学園祭”のお客様がいらっしゃいました♪

こんにちは、食満とうふ おおもとです。
本日もすがすがしい秋晴れですね。文化の秋、食欲の秋の訪れです。

先日、ミュージカル「忍たま乱太郎」第八弾『忍術学園 学園祭』に
参加された熱烈な忍たまファンがご来店されました。
なんと、9月29日(金)、30日(土)、大阪・千秋楽の10月1日(日)の連続三日間
森ノ宮のピロティホールに通われたそうです。

今回は久々知兵助さんの「豆腐まみれの段」がテーマだったらしく
素晴らしい応援グッズをお持ちでした。

「豆腐食べて」のメッセージは、食満とうふ おおもとの願いでもあります(^^)♪

「忍たま乱太郎」第八弾『忍術学園 学園祭2017』オリジナルTシャツ(女性用)

仲良くお揃いの小銭入れをお持ちでした。手首も忍たまグッズです。


ミュージカル「忍たま乱太郎」製作委員会の公式サイトより引用

―忍ミュとは?

尼子騒兵衛著作の漫画「落第忍者乱太郎」(朝日新聞出版刊)、及びそれを原作としたアニメ「忍たま乱太郎」(NHK Eテレ) をミュージカル化した作品で、略称は“忍ミュ”。

アニメ放送開始から25年目を迎え、多くの女性にも人気が広がっていった同作。その現象を受けて、六年生ら上級生を中心にギャグや殺陣、アクションなど、原作の世界観を活かしたオリジナルストーリーで展開される“2.5次元ミュージカル”として誕生しました。2010年1月の初演以来、公演を重ねる中で着実に前進を続け、大人気ミュージカルシリーズへと成長。また2015年からは、これまでのミュージカル楽曲から選りすぐりの曲をまとめたコンサート形式のステージ「忍術学園 学園祭」を開催。大成功を収めています。

「尼崎地名スタンプラリー」のお客様(終了日の翌日 ご来店)

食満とうふ おおもとです。

尼崎地名スタンプラリー終了の翌日(4月1日)にご来店の
徳島からのお客さんを紹介します。

忍たま乱太郎の大ファンだという 元気な あすかさん&になさん。

「徳島県の山奥から来ました」という仲の良いお二人。高校の同級生だそうです

ご来店当日、尼崎の地名をめぐり  徒歩+電車(JR尼崎~JR猪名寺)で、
以下の赤丸14箇所を歩き、訪ねられました。

最後に善法寺に寄られたはずなので、正しくは15箇所ですね。

一日でおよそ22キロ歩いたというから、驚きです。

今日、歩いたルートを地図で教えてくれました。その様子から、大きな忍たま愛を感じました♡

 

最後となるスタンプを押していただきました

手土産にと、「食満とうふ」や「豆乳ドーナツ」まで購入いただきました

お帰りは、梅田から徳島行きのバスだそうです。遠路はるばる、ありがとうございます 🙂

 

 ありがとう、尼崎地名スタンプラリー! 

  当店食満とうふに、たくさんの出会いを
もたらしてくれたラリーは終わってしまいましたが
引き続き、皆さんのご来店を
楽しみにお待ちしております。

食満とうふ おおもと

感謝 ♡ 尼崎市制100周年記念「尼崎地名スタンプラリー」終了

食満とうふ おおもとです。

もう春ですね。4月は出会いと、別れの多い季節。

たくさんの出会いと、元気をもたらしてくれた
尼崎市制100周年記念の
「尼崎地名スタンプラリー」がとうとう終了してしまいました。

当店が地名スタンプの一カ所となっていたおかげで、
日本津々浦々、遠くは韓国からも
忍たまファンにお越しいただきました。心より感謝申し上げます。

▲4月1日・楽しかったね会にて

ぼくらは、お客さまとのふれあいが元気の源

スタンプラリーの楽しかった思い出を語りながら、
冷えたオレンジジュースで乾杯!
ささやかな「楽しかったね会」を開きました。

これからも、お客さんとの出会いを楽しみに
豆腐づくりにはげみますので、よろしくお願いします。

忍たまファンの皆さま、
これからも変わらず ご来店を楽しみにお待ちしております♪

スタンプラリー終了後、ご来店(4月1日)の忍たまファンのお客さまと …ご紹介はまた後日(^^)

「忍たま乱太郎」の作者・尼子騒兵衛先生、ご来店

食満豆腐 おおもとのハッピーニュースです。

ご報告が遅くなりましたが、昨年の年の瀬
 
「忍たま乱太郎」の作者・尼子騒兵衛先生が
突然、当店にいらっしゃいました。

スタッフ一同、びっくり。大感激!

尼子先生にお会いしたいと、店頭に尼崎の広報誌「あまらぶ」の
インタビュー記事まで貼っていましたから。まるで夢のようです!

「忍たま乱太郎」の作者・尼子騒兵衛先生と記念撮影。
和子さんが手にしているのは先生直筆の家宝です

sakuhin

ありがたいことに、羽ばたく鳥をモチーフにした新作イラストと
忍たまのふわキャラ(4体)までいただきました。
「おおもとさんの店に来てみたかった」と、尼子先生。

食満豆腐の店主・大本博の自叙伝
「縁あって食満の豆腐屋」まで 読んでくださったようで

「昔は貧乏でみんな苦労しましたね。本を読んで、涙を流しました」と
感想を言ってくださいました。

尼子騒兵衛先生は生まれも、育ちも尼崎です。
そして、尼崎愛にあふれるアニメ「忍たま乱太郎」を生み出してくださったおかげで
私たちの小さなお店にも、遠方からお客さんがはるばる訪れてくれます。
ありがたいことです。
何度「ありがとう」を言っても足りないぐらい、感謝しております。

これからも、いち忍たまファンとしてよろしくお願いします。


感謝・食満豆腐 おおもと

「忍たまコーナー」のニューフェイスを紹介します②

image1

一昨日、四国から忍たまファンの女の子が来店。
大ファンにもかかわらず、5枚もの忍たまカードを
プレゼントしてくださったそうです。

早速、当店の和子さんが「濡らしちゃいけない」と額に入れ
尼崎市市制100周年事業であった「忍たま乱太郎ミュージアム」の
カラフルなチラシを加えて ▲写真 のディスプレイができました(^。^)♪

食満留三郎の隣にかかっているキーホルダーは
「これ普段着の留三郎さんですよ」とこれまた女の子からの贈り物。
大切に飾らせていただきますm(__)m   この場をお借りして報告いたします。

ありがとうございました!

image3