著書「縁あって食満の豆腐屋」の読書感想をいただきました。

食満とうふ おおもとです。

昨年末に「縁あって食満の豆腐屋」の読書感想を綴った
お手紙をいただきました。ここにありがたくその一部を紹介します。
「縁あって」というタイトルが気になっていましたが、
おおもと様ご一家が、たくさんのご縁と人を大切にしてきたから
なのだとわかりました。

大切なのは 「人に対して正直であること」
そのためにも 「自分自身にも正直であること」だと思いました。
作中でひろしさんが“対面販売”を選んできたように。
“利は売りにあり”という言葉が頭から離れません。

「縁あって食満の豆腐屋」をお借りできたご縁
ひろし様・好子様に出会えたご縁を大切にしていきたいと思います。

ありがとうございます。最近はインターネットをつかった
商売が増えていますが、こうして心温まるお手紙をいただけるのも
顔の見える商売にこだわってきたおかげと感謝します。

自叙伝の出版は、11年前の春になりますが、
つたないながらも一冊にまとめて良かったとしみじみ感じました。

これからも目の前のご縁を大切に、商いを続けていきます。
いつもありがとうございます。

食満とうふ おおもと 店主 大本 博


このエントリーをはてなブックマークに追加